舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2008年 08月 09日 ( 1 )

佐藤佐吉演劇祭参加作品全制覇をめざしています。で、観に行ったこの作品。
立派な舞台装置には目を見張ったが、肝心の中身は…。
ずいぶん乱暴な表現になってしまうが、舞台が進むにつれ、観ているのが辛くなった。
その理由は、大雑把にいうと、落としどころのない戯曲と、妙にがなる役者の演技・無理のある設定とキャスティング、中身と合わない音楽といろいろ挙げられる。創り手側が創りたい世界と、それを実現する側の力量があまりに釣り合っていない、というのが苦痛の理由なのではないかと思う。

この作品のめざした所は作・演出の当日パンフの挨拶の内容にある「ディストピア」なのではないかと思うが、劇中では、書きたい世界と入れたい要素を単に寄せ集めたようにしか思えなかった。
[PR]
by turujun | 2008-08-09 19:30 | 演劇