人気ブログランキング |

舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

素朴美の系譜 江戸から大正・昭和へ@渋谷区・松涛美術館

駒場アゴラ劇場から渋谷へと向かう道の途中で脇道に入るとある松涛美術館。サンプル鑑賞後にふらりと立ち寄ったら、入り口に貼ってあるポスターに私の好きな仙厓の絵らしきものを発見。これは是非見なくては!と思ったものの、閉館30分前だったので、次の日に持ち越し。
翌日、会期最終日に滑り込んでみた。

「素朴美」というだけあり、展示されている作品はかならずしも有名な作家の作品だけではなく、素人の手によるものもあり(でも室町時代作ということで、大変古いもの)、かなりバラエティに富んでいた。

私のお目当ての仙厓は3点ほどとかなり少なかったものの、再会できただけで満足。また、昭和の禅僧・南天棒の禅画もなかなか面白い。

展示を「素朴」という観点で選んでいるものの、その中身はそれでは済まされないバラエティに富んだもので、かなり面白かった。

今回、初めて松涛美術館に足を踏み入れたわけだが、館内のあちこちに昭和を感じさせるディテールがある。外観からすると意外なまでに昭和なので、そのギャップがまた面白かった。
by turujun | 2009-01-31 23:30 | アート