人気ブログランキング |

舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「友達」@シアタートラム

先週日曜日の出勤の振り替え半休(といっても実は終業2時間前にようやく会社を出られた…)を利用し、世田谷パブリックシアターへ。
昨日、世田谷パブリックシアターのチケット購入ページでこの公演のチケットを見たら、あらかた売り切れていたのもあり、今日当日券で観ることを決意した次第。

この作品は、安部公房による戯曲。内容はこちらに書いてあるとおり(というか岡田さんのブログ)だったので、びっくりするぐらい観ていて辛い内容だった。

これまでの岡田さんの作品と明らかに違うところは、この作品が上にも書いたとおり、彼自身の戯曲ではなく、役者もいわゆる小劇場系の人が殆どいないというところ。かろうじて加藤啓が小劇場系といえばそうなのだけど、彼もかなりキャリアは長いので、やはり畑の違う人々との創作ということになる。

戯曲が違えば演出も変わる…のは当然かもしれないけれど、そもそもの演出における役者の意識のベクトルが全然違った。これまでの作品では、あくまで作品の中の役者同士はその世界の中で互いに意識が通うことを前提として、それでいながら生まれるズレをたくみに表現しているようなところが強いように思われたが、今回は意識的に役者が客席の方に顔と身体を向け、言葉を発していた。それはいわゆる「内なる人」に語りかけるべき言葉であるときにさえそうであるわけで、それが「家族」でありながらも実のところ面と向き合わずに意思疎通をしていないさまを強調し、この「家族」のありようや善意の胡散臭さを浮き彫りにしていた。
また、チェルフィッチュ作品での特徴の一つである役が次々に移り変わっていくことも今回はなく、一人の役者は一人の役を演じていた。ゆえに前半にちょっとだけ出てくる人、とか中盤にちょっとだけ出てくる人、という役者もいて、パンフにはチェルフィッチュ作品では考えられないほどたくさんの人が出演している。

胡散臭いといえば、このベテランぞろいの役者の中でも若松武史のそれはもう群を抜いている。
遊園地再生事業団でたびたび彼の演じる姿を観てきたが、そのどれもがなぜか役を形容する際に「あやしい~」とか「胡散臭い~」とつけてからでないと表現できないようなものばかり。しかも今回を含めこれまでの役を全て流麗な台詞回しで語っている。それは一見どれも同じように思えるのに、何故か観るたびに「ざわざわ」してしまうのだ。
以前遊園地再生事業団(だったと思う)で「新劇の亡霊」みたいな役をやっていただけに、前時代的なオーラぷんぷんなのだけど、それをてらいもなくやるところの潔さが逆に面白い。
その他、大駱駝艦の麿赤兒が出ているせいか、これまでの岡田作品には当然のごとく微塵も感じられなかったアングラ色がふんわり漂っていたりする。

内容が内容なだけに非常に観るのが精神的にしんどい作品ではあるけれど、今までの岡田さん作品がよう分からん、という人にはむしろ面白く観られるのではないかと思われます。
惜しむらくは、チケットの高さか…(前売りだと5000円。当日券の場合はトラムシートなら4500円)。
by turujun | 2008-11-15 00:36 | 演劇