舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

下丸子らくご倶楽部@大田区民プラザ小ホール

先月に引き続き、またも見に行ってしまった下丸子らくご倶楽部。前回帰り際にチケットを思わず購入してしまっていたのでね。

今回も、18時30分より若手バトルとして若手三人による落語があり、その後柳家花緑・立川志らくのフリートーク、柳家花緑の落語、松元ヒロの漫談?、そして立川志らくの落語と続く。

今回もまたフリートークが押し、19時20分で終わるはずが結局19時40分まで続けている。どうも立川志らくは話に弾みがつくと止まらなくなるのか、喋っているのは8割がた志らく。後から後から話がどんどん出てくるのは話が得意とはいえない私からするとうらやましい限り。しかも面白いのだからさらにうらやましい。

フリートークの後は、柳家花緑の「頭山」。感想は後ほど。
松元ヒロの漫談は本人曰く「ツカミで終わっちゃった」。だけどひたすらにウケていた。今日一番の受けっぷりだった。
最後の立川志らくは「鉄拐」。古典落語だけどあまり高座にかからない話の一つで、唯一中国が舞台の噺とのこと。「オチで笑えたら中国の古典の教養があると自信を持っていいですよ」とのことだったが、私は「そういうことなのか」とは思いつつも、笑いには至らず。教養がないことを再認識(この噺を聞かなくともそれは明らかだが)。

詳しくはまたのちほど。

【余談】この日の若手バトルの2番手の人のときにやたらと甲高い声の笑い声が最前列から聞こえてきて、それが「笑い袋か!?」「嫌がらせか!?」と思うほど激しく、噺をしている人はやりづらかろうな…と思っていたら実はそれはリアルに子供の笑い声だった。(その子供を家緑がいじったことで判明。)
[PR]
by turujun | 2008-02-29 19:00 | その他