舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本日は、大野一雄フェスティバルの中の公演のひとつズニ・イコサヘドロン(進念二十面体)の 「Tears of Barren Hill (荒山泪)」を観てきた。大野一雄フェスティバルは存在は知っていたけど、いまひとつ惹かれる演目がなく、これまでずっとスルーしてきたのだが、今回自宅に送られてきたBankartからのDMが決め手で初めて足を運ぶこととなった。


↑ズニ・イコサヘドロンのYoutubeページが存在していて、当然のごとくこの作品の動画もアップされているのだが、本日観たものとはずいぶん違う。役者さんも違うし(黒いシャツの人は動画の人ではなかったです。白いシャツの人は同じ)。

会場となったのは、Bankart Studio NYKの3階にあるホール。といっても大きな柱が3本室内を貫いているので、「ホール」と呼ぶにはどうなんだここは、というような代物。柱はもちろん壁もコンクリートむき出しという無骨な見た目だが、もともとは日本郵船の倉庫だったらしいから仕方がない。

さて、実は今回の作品にはそんな会場自体の状態のハンデがありながら、過去におけるチェン・イエンチウの思いと、彼が生きた北京とベルリンのイメージが渾然一体となって提示されているさまに、すごく感銘を受けてしまった。
それが実現した理由は、南京や上海から来た昆劇の役者の表現能力の高さに大きくよっていると思う。彼らは劇中で、役者としての自分自身とチェン・イエンチウ、そして彼自身を取り囲むさまざまな事象を体現するのだが、「身体性」とか「鍛錬」とかにこだわるつもりは皆目ないのだけど、動きの一つ一つのメリハリのあるさまや踊りの滑らかさを見ると、そういったものの本当の力というか、そうであることがデフォルトであることの強さを認識せずにはいられない。

また、劇中でずっと上手下手と下手側奥にある白い壁に投影されていた字幕がすごく興味深い。というのも通常字幕というのは、話者が一人もしくは舞台上の人の台詞を翻訳するものなのだが、この作品においては、程硯秋(チェン・イエンチウ)の内面的な問いかけやモノローグをはじめ、作品における客観的な説明、役者が歌う歌の訳など、さまざまなものが同じように投影される。だからそれが一体誰が語り手であるのか翻弄されてしまうのだ。

さらにこの作品の面白いところは、一見まったく関係がなさそうな人物(グレン・グルード、ビリー・ホリディ、レニ・リーフェンシュタール)との些細な偶然を用いて、チェン・イエンチウと彼が生きた世界をあぶりだしていくところだ。ともすれば単なるこじつけとも思えそうなものを、必然あるものとして見せてしまうところはまた興味深かった。

チェン・イエンチウという一人の天才的な京劇俳優をとりあげつつも、個人の歴史として物語を立ち上げるのではなく、歴史や哲学を問う作品になっていた。

覚え書き的なもの
[PR]
by turujun | 2009-09-27 22:06 | 演劇
「劇団どくんご」の旅公演の情報を知ったのが今年の7月ごろで、そのころには東京公演が終わっていたこともあり、この日を何気に楽しみにしていた私。
JRとバスを乗り継ぎ乗り継ぎ(これが一番料金が安いということなので…)浦和美園に到着すると、一見駅前には何もないようだが、ほどなくポスターを発見し、会場となるテントに到着。
受付は中が見えないようになっているが、中の人がちょっと不気味な扮装をしていることが分かる。
さて、座席に行くと、そこには開演10分前で、8割がた座席が埋まっているという盛況ぶり。私はこの劇団の公演チラシを他の公演でほとんど見なかったので、この人たちがどういう経路でやってきたのかがまったく分からず。
なお、会場整理をしている人たちも、それぞれに変わった扮装をしている。その人たちに促されて席に座ってはじめて舞台上を見ると、天井からは赤いピンチハンガーから無数の赤いハイビスカスのレイが下がっており、視界は赤・赤・赤で埋め尽くされている。
下手側では、「お店」と看板が出ていて、含み綿をして手ぬぐいをかぶりひょっとこっぽくなった女の人が店番をしている。この人は青年団的に上演前から舞台上にいる人かと思いきや、実際に「物販」をしていたことが後に判明する。

さて、舞台が始まるとこの物販の人も会場整理の人も、チケット受付の人も皆舞台上に上がり、要は俳優もスタッフ兼任であること、だからこそのあの変わった扮装であることが分かる。

内容は、基本的には5人の役者とが舞台上で「語る探偵」というお芝居を繰り返し演じていくだけだったりする。しかもその内容が、舞台上にいる5人の役者がかわるがわるに探偵としていろいろ推理を述べ最後に「犯人は…お前だ!」と決め台詞をいうというもの。それが回を重ねるごとにどこかしら変化していき、最後には決め台詞まで変わったりする。この「語る探偵」の合間になぞの小芝居があったり、役者それぞれのソロパフォーマンスがはさまれていく…という構成だった。

さて、この舞台上には、役者のほかに犬のぬいぐるみがいるのだが、その位置づけは特に決まっておらず、探偵を演じる役者ごとに「おかみはん」だったり「社長」だったり「マリアンヌ」だったりと、いろいろなものに見立てられる。そして舞台が進むにつれ、中のあんこ(クッションや手袋やスカーフや下着などのいろいろなアイテムが詰まっている)が取り出され、最後は皮のみになってしまう少々可哀想な存在なのだ。

ソロパートはそれぞれの役者が自分のテイストで作っているのかな…という印象なのだが、私が個人的に良いと思ったのはひょっとこっぽいお姉さんの一人人魚姫。冒頭の「15歳になってお姉さんたちと一緒に初めて水面にあがる」くだりは東北の方の方言(だと思うと、泳ぎの身振りがあいまって、本当に可愛いったらない!

この作品は、テント芝居ということもあり、一見「アングラ…」なのだけど、それにしては役者の数も少ないし、舞台上の物の量は多いけど、構造はいたってシンプル。内容も強い主義主張があるというよりは、アクロバットがないけどこてこてな笑いはあるシルク・ド・ソレイユみたいな感じの内容(この表現もいかがなものかと)。
私の数少ないながらのアングラ的芝居といえば、自身の培ってきた表現やイメージにこだわるあまりに、それ自体がもう時代とはそぐわないようなものになってしまっているというものだったのだが、劇団どくんごは、アングラ的なものと、「あなたがた、パフュームですか!?」というようなイマドキなものを、ともにひとつの要素として取り込んでいたのが非常に興味深い。

趣味の合う合わないを越えて、ひさびさに見ごたえのあるものを観たな…と思ったのだった。
しかし、いくらなんでも、浦和美園は遠い…。

メモ。
[PR]
by turujun | 2009-09-21 19:00 | 演劇
私は「青木さんちの奥さん」の存在は知っていても、実際には観たことがなかったので、これがどれほどに「静か」なのかは分からないのだが…私としては、青年団の役者層の厚さに驚かされた、としておく。
というのもこの公演はまだまだ絶賛上演中!なのでここにいろいろ書いてしまうと(書きたいけど)差しさわりがあると思うのでやめておきます。

なお、この「青木さん家の奥さん」は、かなり再演されているらしく、またかつてジャニーズのタレントが小劇場系の作品を演じていた番組「演技者」でも取り上げられていたので、その感想やらレポートやらがネット上でかなり見つかる。
これらをざっと見ただけでも、今回の青年団版が、ある程度ラインを抑えていつつも、アドリブ禁止の平田オリザのもと、青年団版としてきちんと作りこまれていることを感じた。
雰囲気は「ニセS高原から」の三浦大輔バージョンと似ているが、どうでしょう。

More
[PR]
by turujun | 2009-09-20 15:00 | 演劇
直前になって知ったこの公演。知った瞬間即予約。そして今日観劇。
劇場ではチラシが入り口壁面に貼られていたが、ここのところ観ていた舞台のカラーと違うからだろうか、入っていた覚えがないものだった。

今回の作品は「化け狐伝説」があるといわれるとある山深い村の忌まわしい呪いにまつわるものなのだが、そのせいか、今回のセットは森の中という設定なので非常に地味。八百屋舞台の上に基本茶色で構成された地面と舞台周辺を覆う木々そしてトタンや壊れかけの古いジュースの自動販売機(実はあれが一番気になっていた…)。

さて、この作品は現在も絶賛上演中、ということでネタばれしない程度に感想をば。
今回の作品は、公演後のトークで「柿らしくないとよく言われる」といっていたのだが、私としては起承転結のはっきりとしたストーリー展開がありつつも、笑いどころもたくさん仕込んである戯曲やスピーディな展開はとても柿らしいと思った。
漫画やアニメ、TVバラエティ、アキバカルチャーといったポップカルチャーの特徴を取り込んだ演出があらゆるところに見られるのも柿ならではなのだが、その一方で今回は妙にセクシャルなことについても堂々と取り組んでいる(話の肝がそこにあるからかもしれないが)というのが、少しこれまでとは違うといえるかもしれない。


日曜日の昼の回なのに、空席がちらほらあったのが、一観客ながら少々残念だった。この作品は、演劇から感動や明日への元気を得たいと思う人にはおススメしないが、「演劇の可能性」が満載されているといって良いと思うので、お時間とお財布の余裕があるようなら、観ておいても損はない…はず。作演出出演の中屋敷氏いわく「これで解散してもいいぐらい柿でやれることはやりつくした」作品で、次回は「さわやかな作風」らしいので。

ここからは、ネタばれ含みます。ご注意ください。
[PR]
by turujun | 2009-09-06 14:00 | 演劇