舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近新しい劇団の作品を観てないな…と思い、アゴラへむかった。
チケットとアンケートを受け取ると受け取り、アンケートと一緒に、携帯から空メールを送るよう指示するメモが。登録すると、作品にメールを通じて参加できるという仕掛け。座席にはラジオがおかれていて、作品中で何度か使われる副音声をそれで聞くようになっていた。いろいろな試みを用意していて、その意欲やよし。

以下、ネタばれあります。







作品の内容はというと、若い女性が自分の子供を殺してしまい、そのことをネット上の相談サイト(教えてgoo!みたいなものか?)で打ち明けることで、話がいろいろ展開していく、というもの。
「携帯電話」「ネット(携帯サイト掲示板)」そしてリアルな世界の3つの世界を行きつ戻りつしながら人と人とのリアルな関係とITがつなぐ関係を描くというのは、現実世界を反映しているといえると思うものの、そのフレームをうまく活用できていたかというとそれは疑問。
また、戯曲の内容にあまりリアリティを感じられなかった。新聞やTVのニュースで取り上げられているようなことをいくつか組み合わせて、さっと作ったような内容であったように思う。また、戯曲の構造も台詞が妙に詩的だったかと思うと説明的になるなど、創り手の都合の良いように創られている印象を受けた。

創り手は、「今」のインフラを反映し、「現代社会の暗部にある人々」を描きたかったのかな…と思うのだが、創り手自体の作品の創り方が従来の演劇のそれであるために、いろいろな仕掛け(携帯メールによる作品への参加やラジオによる副音声の活用)が、一つの飛び道具としてしか機能していなかった。もったいない。


ただし、彼らが用意した仕掛けがものすごく上手く働いていた場面が一箇所だけある。
それは本編が終わった後に主宰の広田氏が行うアフタートーク。
ここでは役者によるリアルタイムの副音声がラジオで聞くことができ、そのなかで随所に観客に対する「指示」が入るのだ。今回、私を含め観客がそれにしたがって拍手したり、一斉に突っ込みを入れたりしたのだが、そこに生まれる観客と広田氏とのずれ、そして副音声と観客の共犯関係が非常に楽しかった!
一生懸命に話をしている広田氏には申し訳ないのだが、これぞ観客参加型といえるのではないかと思う。こういう観客との一体感が、本編にもあったらよかったのかもしれない。
[PR]
by turujun | 2007-09-30 17:35 | 演劇
遊園地再生事業団の作品は、さまざまなこと・ものへの知識がないことには完全には分からないようにできているように思える。何というか、教養が求められる演劇というか。
もちろん、何も知らなくても何かを感じることはできるし、それなりに楽しむことができるようにはできているのだが、「これ」を知っていれば、もっと創り手の意図するところが分かる、みたいなことが他の作品に比べて多い。言い換えれば、観る者に教養を求めている、何か教養を持っていなければ楽しめない「仕掛け」が随所に仕込まれているように思うのだ。


今回の作品について明らかなのは、一つは現代の演劇シーンにおける若手の表現の特長であり、もう一つはギリシャ悲劇「アンティゴネ」だ(これは当日パンフでも明言している)。

私は前者については、それを明示できるわけではないし、後者については恥ずかしながらほぼ全く分からないので、もう目の前に起こることをそのままに受け止めるしかなかった。
そういう私が観ても、この作品はそれなりに面白いと思ったし、私がこれまで観てきた遊園地再生事業団の作品よりはついて行き易い内容であったように思う。

ただ、面白さが理解に結びつくかといえばまたそれは違う話で、作者が意図するテーマにたどりつけてはいない。この作品はとにかく情報量が多い。それは幼い頃に生きているかどうか分からない兄を探す二人の兄弟、ニュータウンに土地を買おうと考えている若い夫婦、ビデオショップで働くフリーターの恋、ニュータウンの土地を売るセールスマン、ダンス普及会、かつて詐欺を働いた元・考古学者など、盛り込まれた人物の人数からも分かる。そしてそれらはそれぞれのエピソードは断続的に入れ替わり立ち代りしながら展開され、最後に一つの結論に集約…されない。

だから結論を求める人には分かりづらいかもしれない。むしろ散らばった多くのエピソードを拾い集めてああでもないこうでもないと思索する人には面白い作品であるかもしれない。


【余談1】
一番最後の映像は、強烈な警句であるものの、そのビジュアルの類似性から二つを並べてしまうのは、イメージとしては理解できても、それまでの舞台での積み重ねが立ち上げてきたものから突然飛躍して現れるように思えた。



【余談2】セットの鉄骨のゲートは、白いスクリーンが仕込まれていて、それが上下してそこに映像が映し出される。スクリーンが下りてくるときが、何だかギロチンの刃が下りてくるように見えた瞬間があり、そのとき作品の中にある得体の知れない不安感とは違う怖さが走った。
[PR]
by turujun | 2007-09-24 23:15 | 演劇
この次期のほぼ毎年恒例となりつつあるコンドルズのシアターアプル公演。「もういい加減いいだろう」と思いつつ、今年もチケットを取ってしまった…。

いつもはコントあり、人形劇ありのにぎやかなコンドルズだが、今回はタイトルがこれなもので、上記2つの要素はほぼなし。(上演開始直後のなぞの習字大喜利のときは小林顕作のみアドリブ爆発だったけど…)

その後も、クライマックス部分以外は台詞なしの、ダンス・ときに身体表現がほとんどだった。

こういう展開って以前にも見たなあ…と思い出したのは時事通信ホールで見た作品。さきほど調べてみたら2004年春の公演で、タイトルは「沈黙の春」。どうやら「沈黙」シリーズ。コンドルズのHPで過去写真を見てみると、どうやら同じネタを結構やっているようで、それゆえデジャブを頻繁に感じたわけだ…だが、新鮮味はないのだが、ここまで体だけでやるか?というバカバカしいレベルのことをやっているわけでそれ自体は面白い。
「春」のときには、にぎやかでバカバカしいのがコンドルズのよさだと思っていたので、さほど面白いとも思わなかったが、今回は「体」メインのコンドルズを堪能できたと思う。

また、今まではやたらとCGを使った派手な映像が多かったのが、今回は取った映像を単純に編集したような、素朴な映像Onlyだった。これにはいろいろ事情があるのだろうが、それもあって
最近のコンドルズはバンドプロジェクトの告知が多くて正直orzではある(ゆえに、冒頭の「もういいかな…」という思いが湧いてきている)ものの、今回の作品は、派手なオプションを取り外し、体というシンプルな存在で最大限やれるところまでやっているところに好感が持てた。
昔のような熱狂まじりの満足感はもうないけど、でも作品にまっすぐ向き合って見られる今も良いのかもしれない。


作品とは全く関係ない話ではあるのだが…「沈黙の春」のときに比べて、コンドルズのメンバーが漸減している…今のままでも十分多いとはいえ、過去の写真を見ていて「ああ、この人いなくなっちゃったな…」と改めて思い寂しい気分にならないでもない。
[PR]
by turujun | 2007-09-24 10:11 | ダンス
最近茶道を始めたことで和菓子に目覚めつつある今日この頃。外出すると、ついつい上生菓子に目が行き、その美しさにうっとりしているという(でも買わない。和菓子はお茶の席でいただきたいという刷り込みも同時にされているので…)。

そんなこともあり、東京ミッドタウンの超!モダンな虎屋で見つけた干菓子がこの展覧会のために作られたものであったと知り、今回最終日に足を運んだ次第。

まず入場すると、森村の解説が録音されたMP3プレーヤーを渡され、「ホームルーム」へと向かう。そこで、この展覧会の主旨を聞き、その後MP3プレーヤーの森村の解説を聞きながら展示を見ていく。「説明」とあるが、実際には事細かに説明するというよりは、森村がどんなことを考えながら作品を作っていったかを語っているもの。作品そのものに対して自分が考えることが妨げられることがなく、思いのほか素直に聞けた。

森村の作品は、有名なものだと「ああ、これ知ってる」ということで、その作品に対して何がどう違っているとか、その作品意図みたいなものがより理解できるのだが、最後の「ゴヤルーム」の版画はどれもこれも知らないものばかりだったので、原画は風刺画というけれど、そもそもどんなものを意図した作品なのか分からず、消化不良になったのが残念。

最後の「放課後」は場所が校庭っぽいところで、ここで彼の新作が上映されていた。
これは三島由紀夫の市ヶ谷駐屯地での演説を下敷きに、彼が軍服を着て、「七転八起」と書かれた鉢巻を頭に巻いて日本の芸術界へ警鐘を鳴らす内容の演説をしている、というもの。
もとの演説を読んでみると、似ているようで、その内容はただの三島のパロディではなく、彼の日本の芸術界への危機感が色濃く出ているオリジナルのものであると分かる。その叫びは相当に熱い。
だが、この作品の見せ場はこの演説だけではない。この作品の最後はカメラが森村のいるところから下を見下ろす。するとそこには聴衆はゼロ。長閑な都会の公園が広がるのみである。その光景と彼の熱弁との対比がまた寂しい。

なお、この展覧会のきっかけとなった件の干菓子は、私が行ったときにはすでに売り切れ。最終日の午後だもんね…。
[PR]
by turujun | 2007-09-17 15:00 | アート
公共の劇場がいろいろなところにできたことで、行動範囲が強制的に広くなっている気がする。
逆に下北沢みたいないわゆる「演劇の町」に足しげく通うかというとそういうことはなくなってきている。昔は回数券買って余裕で使い切っていたのに。

さて、今回は吉祥寺シアターにてイデビアン・クルー「政治的」。
12人のダンサーがOLっぽい制服、スーツに身を包み、踊りまくる1時間強。

この衣装からすると、ここでいう「政治的」というのは、いわゆる国政や県政、市政
みたいなことではなく、いわゆる「社内政治」、昔○タッフ・○ービスのCMにあったような派閥争いという大きめなものから、上司と部下・先輩と後輩のような個人単位の小さなものまでを含めた人間関係の力学という意味のよう。

井手茂太のダンスというのは、公式HPいわく「人がつい「してしまう」動きや行動を取り出し…(以下略)」た振り付けだというのだけど、今回の作品を見ていて、それだけではないよなあ、と強烈に感じた。何でまたそんなことを改めて思ったのかといえば、今回の作品の振り付けが、外に上に向かっていく動きが多く、非常に観ていて「気持ちよかった」から。

井手茂太はダンスの専門学校を卒業していて、イデビアン・クルーはそのときの同級生だか何だかのつながりのメンバーで構成されているという話を聞いたことがあるのだけど、それはつまり、井手茂太およびメンバーは、バレエやらジャズダンスなど、いわゆるダンスの基礎というのはしっかりマスターしているということ。その基礎がデフォルトとしてあるからこそ、それプラス「人がつい「してしまう」動きをもとにした振り付けということが個性として際立ってきて面白いのだと思う。

コンテンポラリーダンスって、あまりそういった基礎の部分を見せることをしない振り付けが多いのに、この作品では、バレエ的な動きやモダンダンスっぽい動きが結構見られて、というかどこか何かに対してふっきれたかのように出てきていたのは結構インパクトがあった。でもそれによって古さやありきたりな印象があるかというとそんなことはなく、むしろ気持ちよさにつながっていっていたあたりはイデビアン・クルーのセンス、バランスのよさなのだろう。

あと、今回特筆すべきなのは音楽。イデビアン・クルーは毎回音楽が面白いのだけど、今回も現代音楽から演歌まで幅広いジャンルの音楽を取り入れていた。ノンジャンルな選択ながら、一つ筋の通った選曲は一体誰がしているのだろう?気になる。
[PR]
by turujun | 2007-09-15 15:00 | ダンス
個々の役者が出ている作品はおそらく観たことがあるのだけど、この組み合わせでの舞台は初見。

前日にHPで予約したチケットであったせいかベンチシート。2列目はかろうじて椅子っぽくなっていたので、2列目中央に陣取っていたら、1列目に誰も座らず、結果最前列。個性爆発の2人コントを堪能。
[PR]
by turujun | 2007-09-08 14:00 | 演劇
黒沢美香、木佐貫邦子とコンテンポラリーダンス界の大物が組んで作るデュオ作品ということで、私的にこの夏注目の公演だった。
といいつつ前売りを買いそこねていた私は一時間以上並び「通路席」券をゲット。入ってみたら、本当に通路に座る席だった。(しかも座布団なし…)
さて、実際始まってみたらというと、うーん…あまりに互いの方向性が違うせいか、互いに遠慮しあっているように見え、非常にもどかしかった。もっとかっこいいダンスとアバンギャルドなダンスがガチンコでぶつかり合って、ときに不協和音が聞こえてくるようなものが観たかったなぁと残念に思う次第。
さらに残念に拍車をかけたのはラスト5分くらい睡魔に負けてしまったこと。もしかしたらその時感動のシーンが繰り広げられていたかもしれないのに…。
[PR]
by turujun | 2007-09-03 23:24 | 演劇
最近映画見てないな…と思っていたら、今日は映画の日だ!ということで、私の御用達映画館品川プリンスシネマにて、「シッコ」を見てきた。

今回はアメリカの医療制度に対する批判が主な内容。基本的にはアメリカ人によるアメリカ人に向けた映画だが、そうでない私も非常に考えさせられる映画だった。

この映画は、アメリカ政府が躍起になってフィルムを押収しようとしたとか、それを恐れたマイケル・ムーア監督がコピーを海外に持っていったとかいろいろあったらしい。それはそうだろうと思う。結構過激。

全編を通して、医療費がべらぼうに高いとか、病院で必要と診断された治療が保険会社が「その治療は不要!」といって治療費の支払いを拒否されてしまい治療が受けられなくなってしまうとか、そもそも簡単には医療保険に入れないようになっているとか…まじめに生きてきた人までも貧困の淵に叩き落してしまうこともある(実際そういう人も出てくる)アメリカの医療保険制度のこわーい事実がいろいろな人の証言(実際に保険会社で働いていた人のコメントまである)、連綿と綴られている。話としては知っていたけど、ここまでとは…というすさまじさ。
その比較としてカナダ・フランス・キューバ・イギリスが取り上げられている。この4カ国はすべて医療費がタダ、なんだそうな。フランスについては、医療制度だけではなく、さまざまなゆとり制度が大・大フィーチャーされていた。(有休が最低5週間とか、ハネムーン休暇がそれに+7日間取れるとか、病気になったらその治療に必要な期間の有休が取れる(要医師の診断書)とか、新生児の母親の家事をサポートするナニーの派遣とか教育費が大学まで無料とか…。)アメリカの厳しい現実に対し、良いところだけ都合よく切り貼りしている感もかなりあるものの、うらやましいよ、フランス。

悲惨かつシビアな現実を、映画・ニュース・ビデオなどさまざまな映像ソースに、スターーウォーズのオープニングをパロッたシーンなどおりまぜて、非常にポップに見せていく。結構きっついことをユーモアたっぷりに表現していて、そのたび劇場内爆笑だった。このあたりの映像と音楽のチョイスや組み合わせのうまさのおかげで、この映画は単に重い社会派映画にとどまらず、ある意味エンタテインメントとして成立しているのだろう。

この映画の中で一番印象に残ったのは、フランス在住アメリカ人のグループインタビューの中でのある人の発言。メインはフランスの医療福祉制度の大充実ぶりとアメリカのそれらの貧しさなのだが、その中で「フランス人は何かあったら必ず声を上げるから、政府が国民を恐れている。でもアメリカ人は政府を恐れているから声を上げない」という台詞があって、これが意外だった。アメリカ人って結構意見をはっきり言う人たちという印象があるのだけど、当のアメリカ人が外から自国を見るとそう感じるものなのだろうか。
医療問題について語りつつも、このコメントまでも映画の中に入れたということは、この映画で一番言いたいのは、問題に気づいたらそれに対して声を上げようぜ!何か行動を起こそうぜ!ということなのだろう。
[PR]
by turujun | 2007-09-01 23:09 | 映画