舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

鷺娘・日高川入相花王

この日は、午前中に家を掃除していた際に、腰を痛め、昼過ぎまで安静にしていたのだが、2時を回ったころにようやく痛みも治まってきたので、外出することにした。

電車に乗ったのは3時前。舞台を観るにもいかにも中途半端な時間だったので、どうしたものかと思いながら、有楽町に降り立った。
銀座の方へ歩いていき、歌舞伎座を通り過ぎると、目の前に東劇が。近づいてみると「シネマ歌舞伎」とある。演目は「鷺娘・日高川入相花王」。
「鷺娘」は一度生で観たことがあるような気がするが、2本立てで1000円だし、安いから見てみよう、ぐらいの気持ちで入った。

長い長い予告編のあと、まずは、「日高川入相花王」。これはすごく面白い。出てくるのが、三人のうち二人が皆人形の役。残りの一人の役名は「人形遣い」。人形浄瑠璃を歌舞伎舞踊化したものなのだそう。
坂東玉三郎が演じるのは主役の清姫。この清姫を尾上菊之助演じる人形遣いと黒子が操っているような形で見せていく。

内容は、清姫が、恋する安珍を追って日高川の渡し場にたどり着いたが、、船頭はどう頼み込んでも船を出してくれない。「船を出して」「出さない」という押し問答の末、安珍への嫉妬と恨みの激情を燃やす清姫はついに川へ飛び込み、最後には竜になる、というもの。

玉三郎は、腕や体の動かし方が、実際に操られている人形のようなのだけれど、ふとした瞬間に、自らの意思で自在に舞っているように見えるときがある。また時折、人間とも人形ともつかないようななまめかしくも恐ろしい、狂気をはらんだ表情を見せるときがあり、映像で観ているにも関わらず、ゾクゾクしてしまう。人形のようなのだけど、人形ではない、でも人間でもない不思議なものを見ている感覚を覚えた。

それにしても、この作品が私にとって面白かったのは、人形浄瑠璃を歌舞伎舞踊にしたといえ、わざわざ人形遣いまでちゃんと舞台に載せるという作品の構造そのものである。人形遣いの動きは、本当に「人形を操っている」ということ以外、見せ場らしいものがなく、どこまでも「人形遣い」であり続けるばかりだし、船頭役の人はご丁寧にもつくりものの眉毛をつけて、それをカクカク動かして表情をつけるという芸の細かさである。どこまでも「人形っぽさ」を追求するコダワリはどこから来ているのだろう、と思う。
歌舞伎舞踊の「人形振り」では、これがスタンダードなのだろうか??気になる。

一方、「鷺娘」は、昨年も生で観ているにもかかわらず、「これがかの有名な…」とお勉強気分になってしまったのだが、今回映像で観ていても、やはりお勉強気分になってしまった。この踊りのツボが私には理解できないらしい…。

舞台は映像で観るのはどうなのだろう、と基本的には思っているが、今回のシネマ歌舞伎は、「ゲキ×シネ」みたいに、舞台の映像を再構成して新たな作品を創る、というわけにはなかなかいかないけれど、結構工夫されていたと思う。何より、日ごろよく観ることのできない役者の体の動きや表情が良く分かったことが、一幕見席が指定席の私としては、一番うれしかった、かな。
[PR]
by turujun | 2006-04-23 17:00 | 演劇
ここのところ、メジャーなものしか観ていなかったので、たまには小劇場系も攻めてみようと、インターネットで調べてみたら、劇団上田の公演があることが判明。当日券で行くことにした。

劇団上田は以前から気になっていたところ。どの公演のチラシでもチラシの写真が白シャツ、黒スパッツ、レイバン風のサングラス着用の劇団員が写っているから。

加えて「濃密なエンタテインメント空間としての演劇公演」(劇団HPより)とのこと、どんなに個性的な内容なのだろう、期待していた。

が、正直なところ、その期待は裏切られた。残念。

【ここからネタバレあります。ご注意ください】

夜明け前のとある公園が舞台。そこに平和について考える集会を主宰する青年・一三とそのガールフレンド真里、家で妻や娘に嫌がられているサラリーマン・沢田、かつて大ヒット小説を書き現在は泣かず飛ばずの小説家・小倉、売れないお笑い芸人や、さらには真里の兄であり現在は幽霊の雅彦と霊媒師・美鈴、スナイパーとその恋人にして一三の母親、賭けマージャンで負け続けている男が出てきて、「この時代に、この世界に、真の平和の意味を問う。」内容のストーリーが展開される。

脚本は、テーマは「平和」らしいのだが、平和について何を語りたいのか、どう語りたいのか、という部分がはっきりとしていない。
「エンタテインメント」というだけあり、ぶっ飛んだところもあるのだが、はられる伏線が不足しているため、クライマックスへの展開がとってつけたような印象だった。
 
出てくるキャラクターはかなり個性的だが、役者にあまり上手い人がおらず、演技に説得力をあまり感じなかった。特に前半部分に出てくる人はほぼ全員テンションが高すぎて、「ここは面白いやりとりなのでは」ということはわかっても、実際のところ、ずっと同じ調子で進むものだから、その面白さが立ち上がってこなかった。役者の出はけも、どうにもとってつけたような不自然さが目に付いた。

また、面白いキャラクターを用意していても、それぞれのキャラクターの見せ場があまりなく、結果として、テーマにあわせた台詞で説明することになってしまっていたので、物語世界に引き込まれることなく終わってしまった。
そんな中で、沢田(江戸川卍丸)と美鈴(カムカムミニキーナの市小嶋しのぶ)は演技に緩急があって、安心してみることができた。


…いわゆる普通の小劇団の、普通の作品だった。あまりに普通で、かつ完成度が高くないことが私の「期待はずれ」という思いに結びついているのかもしれない。

この劇団には「パフォーマンス公演」もあるらしく、そこではチラシからかもし出されるような世界が展開されるのだろうか。そうであってもらいたい。
[PR]
by turujun | 2006-04-22 14:00 | 演劇
今日は新しい職場への出社第一日目。さすがに残業はないだろう、と思っていたらやっぱりなかった。

ということで、定時に会社からダッシュして、向かうは池上本門寺。今日は久々にして2回目のシティボーイズだ。

これまで喜多郎とかUAとかが同じところでライブをしていたのは知っていたが、まさかシティボーイズがここでやるとは。こりやご近所さんとしては、はずせないところ。

18時半ごろ会場に到着。その時点で、当日券はあと数枚。選択肢のほとんどない中、若い番号で前の列の席を無事ゲット。開演まで1時間ほどあったので、夕食をとり、開演直前ごろに会場に再度向かった。
会場の広さはだいたい中学校の体育館よりちょっと大きいかな、ぐらいの仮設会場(私の記憶の中の体育館比)。テントと呼ぶには立派過ぎる建造物だった。大竹まことはこれを作って「予想外にお金がかかった」といっていたらしいが、そりゃ金もかかるだろうさ。

一方、セットは一部を除き、チープさ爆発(これも本人たちが言っていた)。でも衣装を何度も替えたりと、細かいところに凝っている。

池上本門寺の住職(いきいき推進委員会)のありがたいお話の後、本編がスタート。
そして肝心のコントだが、…最初から最後までずっと笑いっぱなし。
実は、以前観たシティボーイズは、正直だらだら進んでいって、おもしろくなったところで終わってしまうという不完全燃焼なものだったので、内容自体はさほど期待していなかったのだが、今回は、ゆるいのに笑いのツボをはずさない。出演者それぞれの面白さがうまく引き出す演出と、とちりさえも笑いに昇華させていく出演者のうまさがうまく咬み合っていた。
これってやはり「いとうせいこう」の力?いとうせいこうがどんな人なのか、分かっていないのではっきりとは言えないけれど、影響は大なのだろう。
これだけの面白さだったら、また観にいきたい!そして来年もぜひ池上本門寺でやってほしい!まあ、そんなことを熱望するのは、近隣住民の私ぐらいなものだろうが。
(実際、会場は階段を上らなければいけなかったり、本殿(っていうのか?)よりも先にあって、池上駅からだとちょっとしたウォーキングな距離だったりするので、アクセスが良いとは言いがたい)

【当日券情報】
平日の今日でも枚数は多くて14~5枚ぐらいでした。あまり枚数は出ないようです。席の場所はキャンセル席のほか、客席の後方の手すりにそって置かれるパイプ椅子席左右それぞれ4席ぐらい。早めに到着して購入できれば良いけれど、平日に行く気満々なのであれば、イープラスで前日まで購入できるのでそれを利用したほうが無難と思われます。
【会場の物販】
会場ではパンフレットやDVDボックスのほか、お汁粉やビール(カレーもあったかも…)等の販売が行われています。場内に持ち込めるかどうかは不明。ちなみにお値段は祭りの屋台価格です。
〔余談〕
さあ観よう、と私が会場に到着したときに、一台の車が受付付近まで乗り込んできた。
「わっ、何だ?!」と思ったその中には、何と中村勘三郎が。
連日舞台に出演していても、暇があれば観劇するとは、やっぱり舞台が好きなのね。そしてきっと招待されているのね。
感心したり、うらやましかったり。
[PR]
by turujun | 2006-04-18 19:30 | 演劇
今日は昼に渋谷に用事があったが、そのあとはフリーだった。

渋谷といえば今の時期はコクーン歌舞伎。
前回のコクーン歌舞伎のときに当日券にトライして、「半分くらい見切れる席」を案内された(それだけ前に人がいたってことです)ので、並んでも無理なのでは…と思っていた。
しかし、1時ごろ行くと、誰も並んでいない。こりゃどういうことか、とポスターを良く見たら、昼の回は11時開演。そりゃいないわけだ。というわけで、2時45分ごろに列に加わり、無事チケットゲット。お一人様だったので、桟敷席を選んでみた。
(ここで当日券情報。毎回当日用の席を用意しています。一等席の場合は、キャンセル席のほか、1階席最後列にパイプ椅子が出ます。二等以降の席もあったので、「13000円出すのはどうか」という方もご安心ください。当日券発売は開演の1時間前ですが、それより1時間前に列に加わればそこそこの席をゲットできるようです。でも千秋楽付近では早めに並んだほうが良いと思います)

値段は経済基盤が安定していない私がポンと出すべき額ではないのだが、合羽はなくとも水はかかってくるぐらい舞台に近い席だったので、出してよかった!結果オーライ。

(ネタバレありなので、ご注意ください!)

今回の「東海道四谷怪談」は、北番・南番とあって、南番にはないシーンが北番にはあるなど、結構違うらしい。

これまで私が好んで観てきた野田秀樹や三谷幸喜演出の歌舞伎は、歌舞伎といいながらも、歌舞伎の戯曲を用い、それぞれの演出家の特色が色濃く出しているものになっていたが、今回の東海道四谷怪談は、私がイメージとして抱いている「歌舞伎」をしっかりやっていたあたりが新鮮(このとらえ方もどうかと思うけど)。

 正直なところ、私は「四谷怪談」と「番町皿屋敷」をごっちゃにしていたような人間なので、はじめは話が把握できず、前半は、ちょっと物足りないなあ、と思ってみていた。まあ、観ているうちに、「四谷怪談とは何ぞや」は把握できましたが。

 コクーンには花道がない代わりに、舞台上だけではなく、客席通路も利用して展開されていく。(これはパルコ歌舞伎でもやっていた)。はじめは「道の向こうからやってくる」ということで、普通に出たり入ったりするのだが、そのうち、観客の前の狭いスペースを通ってはけたりするようになり、役者が客席の方から「誰か来る」もしくは「誰かいる」と思わせるようなしぐさや表情をするだけで、「誰か出てきたのかな?」と思って振り返ってしまう。そしてそのうち、客席の際から役者が出てきたり、通路の下を破って出てきたりするようになると、客席からも悲鳴が上がってきて、力技で「怪談」の世界に引きずり込まれてしまうのである。
後半になると、展開もスピーディで、いろいろな仕掛けも満載、これぞエンタテインメントとなっていく。こうした観客をあっといわせる仕掛けの中で、役者が見得を切ると、それだけで観客は拍手の嵐。後半の観客のテンションは、明らかに前半より高かった。

あくまで「歌舞伎」でありながらも、遊園地のアトラクションもびっくりのエンタテインメントにすっかりうたれてしまった。

〔余談1〕
中村勘三郎の早変わりにもびっくり。何といっても一人三役というのは凄い。
〔余談2〕
コクーン歌舞伎は物販も充実(他のコクーンでの公演との比較。歌舞伎座とではありません)。「コクーン歌舞伎」の文字入りのかわらせんべいも売っている。
〔余談3〕
歌舞伎はやっぱり観客が乗ってナンボなのかなあと思う。というのも、場内が静かな前半は、役者もやりずらそうにだったけど、後半で客席も乗ってくると、全体として舞台にも勢いが出てきたように見えたから。
それとも、役者も観客も後半まで温存しているのでしょうか、気力と体力を。
〔余談4〕
V6の三宅健が観に来ていた。そういえばジャニーズ系の人を生でみたのは初めてだったけど、わりと普通。
[PR]
by turujun | 2006-04-16 17:00 | 演劇
国立劇場は、いつもはいわゆる文楽とか歌舞伎とか、日本の伝統芸能をメインにやっているので、劇場自体は普通なのに、どことなく中も外も、何故かちょうちんが飾ってあるような、和テイスト漂う不思議空間だった。しかも、古い劇場(というか公共ホール)特有のにおいが漂っていて、子供のころにタイムスリップしたような気分になる。

そんな不思議な空間でピナ・バウシュ。演目は「カフェ・ミュラー」と「春の祭典」。以前新宿で観たものと違い、どちらも「踊る」作品だった。


感想はまた後日。

余談だが、国立劇場の隣は最高裁判所。そして何気に国立劇場から日比谷まで歩ける。花見しがてら歩けば、なかなかさわやかな春の午後なんである。
[PR]
by turujun | 2006-04-09 14:00 | ダンス
我ながら、ほんとに毎回よく行くわ、と思いつつ、ついつい前売りを買ってまで行ってしまうコンドルズ。

今回一番衝撃的だったのは、実は作品でもメンバーでもなく、観客。
舞台に行くと、いわゆる有名人を目撃することがある。それは小劇場界での有名人だったり、映像で活躍する人だったり、いろいろある。コンドルズだと、河原雅彦とか長塚圭史(この人は一時期出演もしていたけど)だったりするのだが、今回客席にいたのは、

ウィッキーさんだ。



あまりにひさびさに見かけたので、家に帰ってきてからググッてしまった。

どんなご縁でいらっしゃったのか。そして観てどう思ったのか。気になるわ。

感想はまた後日。
[PR]
by turujun | 2006-04-08 23:17 | ダンス
伝説の舞台を観る。

観るたび思うけど、やっぱり舞踏は分からない。
詳細は後ほど。
[PR]
by turujun | 2006-04-02 15:00 | ダンス

渋さ知らズ@新宿PIT INN

本の中の人々に一気に出会えた日だった。
[PR]
by turujun | 2006-04-01 20:00 | こころの旅