舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5日でつくる

先週「宇宙猿」が面白かったので、西田シャトナーつながりの「辻つま山脈」を観に行った。これは、西田シャトナーが関東圏の小劇場系の中でも若手(でない人も若干名)の役者とともに行なう実験的演劇。役者にはあらかじめプロットは与えられているが、台詞はないので役者自ら作り出さなければいけないという、役者にとってはかなり辛そうなもの。
この作品の中心を担うのは、西田シャトナー演じる別れた妻を探す男「ピーチ兄さん」。インターネットの人探しサイトで知り合った人「ててててて」さんと落ち合うためにとある山に来るが、その相手がなかなか見つからない。その人を待つうちにさまざまな人に会い、さまざまなものを失う。そのたびに彼らのいる山は変わっていき、それは最後になぜか一つの山脈になり、実は妻なんていなかった、と「ピーチ兄さん」の口から出て、終わる。というのがその粗筋。
この試みでいちばん大変なのは、台詞を作ることではなく、与えられた設定の中でそれぞれの作った世界を相手にわかってもらい、摺り合わせ、行き着くべきところにうまくもっていく、ということではないだろう。プロットといくつかのポイントは共有していても、そこからどんなストーリーを相手が描いているかは少し話すだけでは見当がつかない。自分が発した言葉に対する返事が自分の予想外ということもあるだろう。また、ひとつの到着点に向けての役者同士の摺り合わせは、観客のいる舞台なので、観客に説明ではなく、あくまで作品中の対話を通じて、そのプロットやポイントを伝えるものでなくてはならない。だから「辻つま山脈」では、すべての役者は演技する者でもあるし、創作する者でもあるし、演出する者といえる。そしてそれゆえに物語はディレクションがないも同然の状態のまま進み、支離滅裂になりそのまま終わりを迎えたのだが。
開演前、西田シャトナーからあいさつがあり、宇宙というのは辻褄があっていないがそういうものなのかも、という話があったが、そういうものを創ろうといいうことなら、今回のはそれそのものだった。でもこの試みの面白さというのは、苦しみながら目指すところへの糸口を探す役者の姿だったりするので、これ自体が作品というより、ワークインプログレスのように思える。というわけで、次は7月だ。
[PR]
by turujun | 2005-05-16 12:36 | 演劇

FYI

このブログを読んでいる人にどれだけ役に立つかは不明ですが、五月大歌舞伎夜の部一幕見に並ぶ方への追加情報です。
◎平日であっても確実に観たければ午前中から並ぶ必要あり。
◎14時前に並んでも立ち見は確実(今日はそうだった。)。
個人的な意見としては、並んでいる間、生産的に過ごす工夫(読めずにいた本を読む、冬なら編み物をするなど)をすると、歌舞伎に一日を取られずにすみ、良いと思います。
[PR]
by turujun | 2005-05-15 14:03 | 演劇

びっくり仰天☆彡

今、「研辰の討たれ」を観るべく歌舞伎座で並んでいるが12時半の時点で驚きの大行列!!(開演は16時40分)確実に観るには一日潰す覚悟が必要、ということか…。襲名披露+豪華出演者+野田秀樹(もあるだろう)だとこれだけの人を集められるのね。と、これを書いている間にも私の後ろの列がどんどん長くなっている。来週末はこの興行最後の休日だから、徹夜組も出るかも。
[PR]
by turujun | 2005-05-15 12:59 | 演劇

ローザス

このゴールデンウィークは本当に舞台を観ていない。昨日王子小劇場で1本観たが、それだけ。いやDANCEDOORもだ。いつもより見ているのは映画だ。ローザス×2本と「インファナル・アフェア終極無間」と三本。私にしては珍しいことなのさ。
ローザスはこれを見るために埼玉にリアル版を観に行ったぐらいなので、まさに今年のGWのメインイベント(つつましい)。見たのは「Hoopla!」「Rosas danst Rosas」。前者は男性と女性のデュオと女性のカルテットという構成。後者は、どこかの学校のような建物の中で繰り広げられる女性だけのダンスだ。
ローザスの作品のダンス自体は超絶技巧の連続というわけではなく、むしろ体の使い方がシンプルであるように見える。そのフォルムもかっちりしているわけではない。でも、一つひとつの動きはシャープで早い。その一方でどこか茶目っ気を感じさせるところもあるから、洗練されているけど無機的ではなく、とっつきやすい。だからローザスの作品は、その捉え方は人それぞれだとしても、人気があるのかな、と思う。
またローザスの作品は、音楽から生まれてきているように思える。ある音楽があり、それから受ける衝動がさまざまなプロセスを経て一つの作品になる。それはもとの音楽以上にその魅力を反映し、観る人の心と体を動かすのだ。
[PR]
by turujun | 2005-05-08 16:51 | 映像

宇宙猿

王子小劇場のメールで知った「宇宙猿」を観た。脚本が以前から観てみたいと思っていた西田シャトナーというのが観劇の決め手だった。
この作品のポイントは、やはり脚本だと思う。一人の男が目覚め、記憶をなくしていることに気付くところから始まり、さまざまなゲームをするなかで、そうする理由が明らかになるのだが、それが思いもかけないような哲学的なテーマへと発展していくあたり、本当におもしろかった。このテーマであることが、この作品がマンガチックにならなかった一番の理由ではないかと思う。
それを演じる役者は、関西の役者三人ということもあり、はじめはそののっけからのハイテンションな演技に若干引いたが、話が進むにつれ、ハイテンションなだけではない緩急のきいた表現ですっかり引き込まれた。特に、半ばから後半にかけて、ピンスポットの中で顔の表情だけで見せる場面は、「何が起こるの!?」と息をのんで観てしまうほど、緊張感に溢れていた。そんなわけで私的には、西田シャトナー作品を観られたこと、そしてそれが面白かったことに満足したのだった。
[PR]
by turujun | 2005-05-07 21:37 | 演劇