舞台や展覧会など、さまざまな鑑賞活動の記録を綴る。タイトルとの関連はありません。


by turujun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スロウライダー「クロウズ」@シアタートップス

今回が初見の劇団であるスロウライダー。彼らは今回で解散とのこと。
「解散公演」だから観にいったわけではなく、今回の出演者の中に、ちょっとお気に入りのダンサー(のはず)がいたのが、今回観にいった理由。

今回の作品では、ある感染症の患者と非感染者との対立を描いている。
チラシに「クソゲー」の文字があり、コンピュータゲームに関する話、もしくはそういった要素のある作品なのかと思いきや、さにあらずであった。
舞台上には、コテージらしきものがあり、その周りを取り巻くように南洋系と思われる植物が茂っている。

演劇でホラー、というからどんなものかと思いきや、ホラーの形を踏襲した人間ドラマといったところだった。人間とゾンビのドラマと言ったほうが正確だけど。
今回の作品二登場する個々のキャラクターには正直魅力を感じなかったし、感情移入することもなかった。さらに、人間関係のありようの描き方が中途半端であり、ホラーとしては成立していないように思った。また、「ゲーム」の設定の例えも今ひとつ効果的に効いておらず、「チラシに使ったからとりあえず触れてみた」的な扱いに思えたのは私だけ?

さらさらと進みすぎであり、随所に張った伏線も回収しきれずに終わった感が強く、非常に物足りなかった。






何より、私が今回の公演で不満だったのは作品の質より何よりも、座席の配列!入り口からタテ移動できる通路が一本だけのうえに、前後の座席と座席の狭いこと狭いこと!私は通路側の席だったので、自分の席に到達するのには問題がなかったが、私よりも奥の席の人が来るとそのたびに立ち上がらなければいけないほど座席の前後の感覚が狭かったので、一体何度立ったり座ったりしたことか…。前後の間隔がどうにかならないのならば、せめてタテ移動できる通路をもう一本確保して欲しかった(だって座席はさんで左側の列の座席なんて空席だらけですよ!?通路1本分座席つぶしても良いのでは!?)。そういうクレームってないんでしょうか?これまでトップスの舞台でこんな不便な思いをしたことってなかったから…。
今回が最終公演の劇団なだけに、この思いをどこにぶつけてよいのか分からなかったので、ブログにしたためてみました。
[PR]
by turujun | 2009-02-11 14:00 | 演劇